『ALOHA BIKE TRIP』
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2008年 08月 24日
サイクル・トゥ・ザ・サン前編 レーススタート!
d0023725_11175585.jpg
雲の上のゴールを目指していよいよレーススタートです。写真はゴールまであと300mのヤバタさん。ここまで来るのは長い道のりです。
d0023725_1118780.jpg
スタートは日の出直後の朝6時30分。ビーチからすぐのサトウキビ畑の中から3000mのハレアカラ山頂を目指します。スタート5分前、緊張が高まって参加者も盛り上がってきました。でもリピーターが多く、ファンライドでの参加者も多いのでピリピリした感じはありません。なんだか和やかな雰囲気です。
d0023725_1118229.jpg
右に見えるのが目指すハレアカラ。裾野があまりにも大きすぎて山というより大きな丘に見えますが10000フィート、3000mの手ごわい相手です。
d0023725_11183576.jpg
日本から参加のコヤナギさんが標高600mあたりの牧場の中をのぼっていきます。サトウキビ畑、パイナップル畑に続くマウイ島ののんびりした風景が続きます。
d0023725_11184513.jpg
どんどん標高が上がってきました。下に太平洋とそこに浮かぶマウイ島を見ながらいいペースで登り続けるのはコヤナギさん。
d0023725_1119183.jpg
昨年に続いて参加のカツダさん。レース仲間、ブログ仲間と一緒にマウイのライディングとレースを楽しみに来ました。レース後やっぱりこのコースは素晴らしいと再確認していました。アロハケンも毎年参加していますが何回走ってもどんどん気持ちよく登れるようになってまた来年も登りたくなります。
d0023725_11191124.jpg
クラの町を過ぎると広大な牧場の中をスイチバックしながら進んでいきます。見上げると山頂が、眼下にはスタート地点の海が広がっています。スタートとゴールが同時に見えるレースはなかなかないですよね。
d0023725_11192087.jpg
今回日本からの参加者で一番早いタイムだったアサノさん。マウイ島に友人がいて一緒にレースに参加しました。雲ひとつない澄み切った空気の中をライディングしていきます。
d0023725_11192828.jpg
フラットバーのスコットにフロントチェーンリングは1枚とヒルクライム専用バイクを持ち込んだのはマルモさん。MTBのレースも楽しむサイクリストです。
d0023725_11194725.jpg
さすがブルべ愛好家、イマイズミさんは後半になってもペースが落ちません。カメラに向かって余裕のハングルース。
d0023725_11201235.jpg
ロングライド、ファンライドを愛するヤバタさんも3000m登り続けるこのレースは完走できるか不安そうでした。だけど走り出したら止まりません。標高2400m地点で最後の補給をしてゴールに向かいます。
d0023725_11202140.jpg
3000mを58kmで走るコースはほぼ勾配5%の登り坂が続きます。だけど最後の500mに10%を越える急勾配が待っています。最後の力を振り絞ってヤバタさんがペダルを回していきます。
後編に続く
by alohabike | 2008-08-24 11:16 | Road | Comments(0)
<< サイクル・トゥ・ザ・サン後編 ... サイクル・トゥ・ザ・サンツアー... >>