『ALOHA BIKE TRIP』
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ:Trip( 67 )
2015年 03月 18日
台湾一周 自転車ツアーに挑戦! Vol.2
「台湾の自転車事情」本当に台湾は自転車大国だった〜。
d0023725_19294873.jpg

街を歩けば台湾の世界最大自転車メーカー"GIANT"のショップがあちらこちらに。上の写真のようにレンタルバイクも豊富にあれば、電車にはそのまま自転車乗せれるし、サイクリングロードも整備されてるし、レースやイベントも盛ん。ツアー中にもたくさんのサイクリストに会いました。

今回のように国内ツアーに常に大人数(20〜30人)が参加するとのことで、そのこと自体が自転車大国を物語ってますよね。自転車は台湾文化のひとつですね!


「台湾一周のルート」
d0023725_2219328.png
912km/9日間の全貌!

DAY1【台北】
|82km
DAY2【新竹】
|120km
DAY3【鹿港】
|83km
DAY4【嘉義】
|125km
DAY5【高雄】
|108km
DAY6【車城】
|102km
DAY7【知本】
|125km
DAY8【瑞穂】
|86km(花蓮〜電車移動)
DAY9【羅東】
|81km
GOAL【台北】

平均速度20~25km、1日平均距離100km前後を9日間に渡って走りました。
主にゆるやかな平地を走りますが、峠越えや電車移動(危険道路を回避)もあってメリハリのある楽しいルートに。

ヒルクライムの前にはルート説明。ペース配分と心の準備もできます。
d0023725_22405083.jpg


また、ツアー中はトイレ休憩をこまめにとって食物、飲物を補給するため、走行中は、ほぼ手ぶらで身軽にライド。サポートカーも列の前後にいるので「転んだ〜、パンクした〜、もう漕ぎたくない〜」などのトラブル、要望にもすぐ対応してくれるので安心でした。
d0023725_22581663.jpg

d0023725_2259842.jpg


「ツアーの流れ」台湾の朝は早い!
1日100km前後を走るので朝8:00にはホテルを出発して夕方に次のホテルに到着するのが1日の大まかなスケジュールです。

1日は台湾式ストレッチに始まり、ストレッチにて終わる!
ライド前とライド後は体操をします。よく伸びてます〜。
d0023725_2332499.jpg


交通量の少ない空気が澄んだ朝のライドはとっても気持ちよかったです!
d0023725_23315254.jpg


待ちに待ったランチタイム〜

フルコースですか?っというくらいの量と種類が昼、夜と出てきます。朝はビュッフェです。
でも、みんな、すごい勢いでペロっと食べちゃうんです。台湾人の元気の源は、やはり食からでしょうか。

ほぼ毎回、回る円卓を囲んでのお食事。遠慮していると食にありつけないので常にタイムトライアルの気持ちで挑みましたw
d0023725_032216.jpg


手前の彼女の食べっぷりを目にした時は、もう食事レースでは生き残れないと確信、、というのは、冗談でルームメイトのマンディーちゃん。食事レースで失速している私にいつも優しくご飯を取り分けてくれました。このご恩忘れません。
d0023725_0323157.jpg


夜もまたすごい勢いでご飯を食べて、シャワー浴びて、洗濯して、グルーミングして、余暇を過ごして、就寝という流れです。

そのなかで、意外に楽しかったことは、みなさん、毎夜、洗濯をするので、ホテルのランドリーが大人気スポットになります。洗濯の待ち時間に井戸端会議が始まり、普段会話をする機会のないメンバーと話しをしたりと、待ち時間も楽しいひと時に。

「楽しそうにしてたから写真を撮ったよ。日本の家族にぜひ送りなさいな。」とメンバーが写真をくれました。

d0023725_0493116.jpg

乾燥機とツーショットで大爆笑してますが、何がそんなに面白かった思い出せない。。。

と、そんなゆるい和やかな雰囲気が、なんとなく、とても楽しかったです!




洗濯後は「クリスマスツリー!」と、はしゃぎながら洗濯物を干してましたw
宿泊ホテルは二人で荷物を広げても十分な広さのある綺麗なお部屋です。
d0023725_0195562.jpg


そんなこんなで夜が更け、またすぐに朝がやって来て、の繰り返しでしたが、飽きることがまったくありませんでした。

ん〜、飽きる暇もなかったかも。。。


つづく
by alohabike | 2015-03-18 07:00 | Trip | Comments(0)
2015年 03月 11日
台湾一周 自転車ツアーに挑戦! Vol.3
「ツアーハイライト」やっぱり気持ちのよい道と峠越えのヒルクライム!
特に台湾の東側に入ってからの、美しい山々と田園風景、豊かな自然と素朴な村落には、ウットリ〜の日々でした。
d0023725_162183.jpg

一面、菜の花畑!台東にある"伯朗大道"というエバー航空のCMで有名な場所。
CMの中で、金城武が木の下でお茶を飲んでるシーンがあり、その木が有名だそうです。

そんなことは、露知らず。ツアーメンバーが「カネシロタケシの木! カネシロタケシの木!」と必死に教えてくれてるのに「はて、あの木が何か??」全くわからず、愛想笑い。ペダルを早め必死にその場を去るのでした。
そんなわけで、有名な木の写真はございません。。。

外国人に、あれは「日立の気になる木!気になる木!」と教えるのと同じ感じなのかな。笑
d0023725_163923.jpg


あるときはビーチ沿いを!
テンション上がりました。
d0023725_1195319.jpg


あるときは"The台湾"な町並みを!
ニーハオ
d0023725_1264134.jpg


あるときは田園と素朴な民家の中を!
心がほっこり。
d0023725_1201660.jpg

「あ〜、これこれ、こういうところ走りたかった〜!」の連続でした。

峠越えヒルクライム!
なんと最終日に1番チャレンジングなヒルクライム。
最終日は台北まで優雅にサイクリングなんてのを想像してましたが、そうは問屋が卸さない台湾一周ツアー。
ただ大変だった分、思い出深く、1番楽しいヒルクラムになりました!

午前は勾配ゆるやかな長い峠、午後はやや勾配のある峠のダブルw
d0023725_0435384.jpg

この日の合言葉は「加油(ジャー・ユウ)!」意味は「頑張れ!」
峠越えが長いゆえ、前の人を追い越すときは「加油!」と声をかけるのがルールでした。
d0023725_19463415.jpg

まだまだ続く〜
d0023725_2412568.jpg

ただいまパンク中〜「加油〜!」
d0023725_1322413.jpg

山頂は小雨と風で寒く、寄り添いあう男子たち。
d0023725_2373227.jpg

そんな時に熱々のゆで卵の差し入れが!体に沁みました。ありがたや〜。
d0023725_2374293.jpg

全員、元気にヒルクライム完走!
d0023725_0443511.jpg


世界最大自転車メーカー GIANT本社へ!
d0023725_20425677.jpg

屋内には自転車が飾ってあり、ジャイアントショップもありました。
残念ながら週末だったため、この日はお休み。。
d0023725_124797.jpg

締めはのGIANTの現役サイクリストの会長と記念撮影。
昨年、80歳で台湾一周を完走したそうです。
d0023725_3391511.jpg


とってもラクチン、電車移動!
特に輪行もせずホームへ
d0023725_3212988.jpg

サイクルトレインでもないのに、そのまま自転車を車内へ。
ただ、そのまま乗せられる電車は決まってるようでした。
d0023725_20514560.jpg

リラックスしながら、それぞれの時間を楽しみました。
d0023725_3293787.jpg

車窓からは"青春18切符"な風景も。
d0023725_3232669.jpg

そして地味に感動したのが、こちら。自転車用にサイドがスロープに。
すばらし〜!
d0023725_3384598.jpg

電車移動だけでとても新鮮だったうえに、こんなにもストレスのないことに感動。
台湾は、自転車乗りにとっても、本当に魅力的な国ですね。

以上、ハイライトでした。
次回は「番外編」ツアーで食したおいしい台湾ごはんを中心にお伝えしたいと思います!

つづく
by alohabike | 2015-03-11 01:42 | Trip | Comments(0)
2015年 03月 10日
台湾一周 自転車ツアーに挑戦! Vol.1
d0023725_17311189.jpg

アロハ!

ブログ初投稿のさおりです。得意技は「まっ、いいか!」だそうです。(ボルネオMTBトリップ~その4より抜粋)

そんなボヤケたガイドが初めての台湾で台湾一周「総距離912km/9日間」の自転車ツアーに挑戦してきました!

ガイドでもこのような長距離を長期間かけて走る機会は、なかなかないので、ツアー前はドキドキとワクワクでいっぱいでした。しかも、ツアー開始の直前に、ほぼ飛び入りで参加させてもらったため、右も左もわからぬまま台湾を駆け抜けることになりました。

d0023725_181144.jpg


ツアー当日、集合してビックリ〜。
1名の香港人参加者を除くと、あれっ?外国人は私だけ、、

ツアーメンバー30名強の台湾人のなかに「中国語全くわかりません」な日本人がオンリーワンという完全アウェイ状態。

これは台湾人向けツアーだったんだね〜と、驚愕の事実をツアー当日に知ったのでした。

不安は募りましたが自転車に乗ることに言葉は関係ないっ~!ってことで「まっ、いいか!」

楽しくツアースタート!

しかし、カメラは捉えていた。ツアー前、不安そうにライド準備を始めているのは、わたくしw

d0023725_17343276.jpg


時間が経つにつれ「おいおい、どこの馬の骨ともわからない日本人がひとり参加しているぞ。」という情報がまわったらしく、英語を話せるツアーメンバーが休憩や食事中に色々説明してくれ、助けてくれてようになりました。この伝達速度と協力体制の強いアジア人特有の気質は台湾も同じでした。

人類みな兄弟、みなさん、本当にありがとう!

さて、緊張も徐々に和らぎ、心優しくゆかいなツアーメンバーとともに台湾一周 自転車ツアーが始まるのでした。

d0023725_17365219.jpg


台湾一周 自転車ツアーの様子を次回より全3回に渡って紹介させてもらいます。

つづく
by alohabike | 2015-03-10 22:42 | Trip | Comments(0)
2015年 02月 18日
ボルネオ~感動のキナバル編
アロハ!3日間のマウンテンバイクトリップを終えて、富士山より高いキナバル山へ登りました。
麓のベースからの景色
d0023725_15275372.jpg

急登を一歩一歩
d0023725_15181182.jpg

食虫植物
d0023725_15342161.jpg

まだまだ余裕です。
d0023725_15364129.jpg

森の雰因気がとってもよかったです。
d0023725_1537573.jpg

この日は、アロハケンの誕生日でした。
d0023725_1540196.jpg

樹林帯を抜けると岩肌が見えてきました。
d0023725_15475917.jpg


d0023725_15485465.jpg

標高3290mの山小屋に到着です。
d0023725_15494227.jpg

夜中の2時に山小屋を出発して、ピークを目指して登りました。
d0023725_15543792.jpg

明るくなってきて全貌が見えた時の感動は忘れられません。
d0023725_15572451.jpg

ピークからの景色最高です。
d0023725_15582086.jpg


d0023725_1604115.jpg



d0023725_1613390.jpg

忍者赤影参上!
d0023725_163819.jpg


Mt.Kinabalu 4095.2M 最高でした。      
とっても楽しかったので
ボルネオMTBトリップ来年ツアーになるかも?
お楽しみに~


おわり
by alohabike | 2015-02-18 16:17 | Trip | Comments(0)
2015年 02月 04日
ボルネオMTBトリップ~その五
アロハ~!
ホテルの窓を開けると、コーランが聞こえ、果てしなくジャングルが続いている。
異国に居る事を実感して心地良い喜びに浸るゆっくりとした時間

三日間のMTBトリップ最終日、朝ごはんを食べに食堂に寄りました。
d0023725_12224528.jpg

美味しいかったですよ~
d0023725_12155772.jpg

このピースがお気に入りみたいです。
d0023725_12232621.jpg


町郊外の田舎の暮らしを眺めながら、すれ違う人たちが皆ニコニコして挨拶してくれます。
いくつかの峠を越して、お昼前にはビーチにゴールしました。
d0023725_12331997.jpg

そして、リラックス~
d0023725_12391148.jpg

充実のバイクトリップを終え、ビーチフィニッシュ最高です。
みんな良い顔してるでしょ~
d0023725_12565199.jpg


リラックス要素タップリ~癒されます~
d0023725_1239464.jpg
d0023725_1240753.jpg


次の日から世界遺産キナバル山へ登る為、麓まで移動します。

次回、感動のキナバル編
つづく
by alohabike | 2015-02-04 13:26 | Trip | Comments(0)
2015年 02月 03日
ボルネオMTBトリップ~その4
アロハ!
ガイドのlittle bit Jepp
親切、丁寧に、いろんな事を説明してくれました。
地元の自然との関わり方や、考えを、奥深く伝えにくいようなことも、わかりやすく客観的に明るく話す
だけど行程はすべて「little bit!」と得意気に笑う。
奥にボヤケてるのは、さ・お・り!
サイクリングジャパンのホープ
彼女の得意技は「まっいいか!」 ガイドの特性っておもしろいです。
d0023725_10384043.jpg


ダム反対の看板が立てられてました。
川沿いをずっとライド、トレッキングしてコンクリートで加工されてない自然な姿に感動しました。
d0023725_11213880.jpg


最近マウンテンバイクにハマってきてる
サイクリングジャパンのエース大ちゃん
北海道札幌ベースなので、そちらのトレイルにも今後期待です。
d0023725_11331684.jpg


休憩ポイントは、ドクターフィッシュ!
d0023725_11365879.jpg


d0023725_1145424.jpg


どこに行ってもネコが人間と仲良く暮らしてました。
d0023725_1146795.jpg


山奥から人里に下り、ローカルの生活が見える道路を走るのも楽しい!
d0023725_11474288.jpg

牛が囲われてない~自由なスタイル
d0023725_11553644.jpg


山奥からゴール近くの町まで走りきりました。
急な上りをいくつも越えてのロングライドに達成感バッチリです。
ガイドオススメのローカルレストランで祝杯です。
d0023725_1159941.jpg


つづく
by alohabike | 2015-02-03 12:33 | Trip | Comments(0)
2014年 05月 26日
地球探検隊~富士山サイクリングキャンプ!
アロハ~久しぶりのブログ更新ですが、アロハバイクトリップのガイドは元気いっぱい走り回ってますよ~ついフェイスブックが携帯から簡単にアップできるので、ツアーが続くとブログアップが遅れちゃいます。なんでフェイスブックのAloha BiketripCycling Japanもチェックしてくださーい!

お馴染み地球探検隊のサイクリングキャンプ
旅のスタイルは「バイクパッキング」バックパッキングの自転車版です。
いつも車でのサポートやMTBツアーと違い、キャンプ道具すべてを自転車で運びます。
旅の準備から盛り上がれるし、これがとっても楽しいんです。
肝心な天気もバッチリでした。
d0023725_1485249.jpg


みんなと合流してからは、共同装備を振り分けて、キャンプごはんの買い出しからスタートです。
メニューも決まり、食材も振り分け昼食へ
ゴッツイ食べごたえに元気モリモリです。
d0023725_14282589.jpg

新緑もとっても綺麗で富士山、湖とのコントラストも最高でした。
d0023725_14323448.jpg

あんなにくっきり見えてた富士山も雲の中へ入ってしまいました。これだから見えた時の喜びがあるんですね。
夕食もゆっくり楽しみ
キャンプの楽しみのひとつ焚き火!夜は肌寒くユラユラと燃え上がる炎に身も心も奪われるのでした。
d0023725_14403091.jpg

キャンプの朝ってとっても贅沢な時間です。
ゆっくりと太陽と一緒に目覚めていきます。
d0023725_14501510.jpg

二日目の富士山は、ぼんやりと見守っていてくれます。麺づくしの旅となった一行は、富士宮やきそばを目指したのでした~
d0023725_1562172.jpg

たっぷり走っての休憩も楽しみのひとつです。ボケやツッコミもこの時ばかりと弾みます。
なんと言っても水が美味しいし、おやつも最高です。そして地べたに座るのも気持ち良いんです。
d0023725_1592015.jpg

一泊二日のバイクトリップも無事完走できました。終わってみれば、あっという間です。
終わったばかりなのに又行きたいって楽しかった証拠ですね。参加者のみなさんお疲れ様でした。次回は伊豆ジオサイクリングキャンプ?
また、行きそびれちゃったみなさん今度のタイミングで是非一緒にバイクパッキングに行きましょう!
by alohabike | 2014-05-26 15:25 | Trip | Comments(0)
2014年 02月 11日
ドイツ その8
ヨーロピアンの憧れボートハウス!
仕事を引退したら住んでた家、土地を売りボートを買い、ヨーロッパを巡る川旅にでる。
そんなライフスタイルを自転車から垣間見ることが出来ました。

d0023725_12395537.jpg


こんな水門をいくつもクリアして旅を続けています。カヤック旅も楽しそうでした。ほぼフラットで、山が見当たりません。丘すら珍しく川がとっても穏やかで川の流れすらどっちに流れてるか分かりません。
水門の順番待ち

d0023725_12434815.jpg

「こんな田舎道だといくら走っても飽きないなー」なんて思ったのも束の間、永遠と変わらない景色を112km走り、次なる刺激を求めワープ!これがホント煩わしくなく移動できるドイツはエライ!

d0023725_12474352.jpg

自転車からずっと変わらない景色は電車の速度をもってしても変わらない景色でした。
d0023725_12542463.jpg

d0023725_1257782.jpg

旅中の会話で一番多いのは「どこから来たの?」Germanyに聞かれ「JAPON!」と答えると、なんと「COOL!」とかえってくる。一度や二度じゃなく毎度であることにビックリしました。かなりの日本好印象!
名探偵コナンを読んでいた兄ちゃんが日本語で「超おもしろい」「アキハバラ」って話しかけてきたり・・・
d0023725_1384985.jpg

車窓からの景色が変化ないので、Neustrelitz Hdf 目指してた、リュウゲン島近くの駅まで乗っちゃいました。外は真っ暗だけど、海が見たくてナイトライド~突然の雨にやられ夜中の12時に、ユースホステルに転がり込むと、オープンスペースに居たティーンエイジャー女子に囲まれ質問攻め、40のおっさんだと分かると散っていく・・・アジア人って若く見えるみたいですね。
d0023725_13313698.jpg

日本から五人目だとか、富士山あたりにマーキング!
d0023725_13383642.jpg

リューゲン島情報をゲットして、外を見るとバイクパッカーの多さにビックリ、このユースは、橋を渡るとリューゲン島って場所にあり、旅の基点にするのにバッチリなとこでした。
つづく
by alohabike | 2014-02-11 13:53 | Trip | Comments(0)
2014年 02月 07日
ドイツ その7
ポツダムからベルリンへ
d0023725_21533917.jpg

アンドリアスのガイドで、おすすめのドイツ料理を食べに行きました。
運河の隣で大聖堂まで見えるナイスな場所、食べてる隣を自転車ツアーが次から次に通ります。
d0023725_21572413.jpg

d0023725_22052.jpg

ドイツの首都ベルリンサイクリング、見えるものが新鮮で楽しいです。
d0023725_22143874.jpg

みなさん良いスピートでサイクリングを楽しんでます。
d0023725_22152734.jpg

ドイツは梅雨もなく6月の気候は暑過ぎずとっても過ごしやすかったです。
d0023725_22161714.jpg

朝から81kmアンドリアスと一緒に走り、別れました。町ライドからカントリーライド一人旅の始まりです。
北へ川沿いを海へ向かってレッツ・ゴー、サマータイムで夜9時半まで明るいし一日何キロ走れるか?楽しみです。この日は、110km走ってBorhickeという小さい田舎町のLand Haus(Hotel und Restaurant)に宿泊しました。ちなみにドイツ語は英語のスペルと違います。
d0023725_2312741.jpg

ドイツ的な朝食~ハム、チーズの味が濃く、とっても美味しいです。
d0023725_231586.jpg

のどかな風景に癒やされます。
d0023725_23164966.jpg

ドイツの田舎の風景は、ずっとずっとこんな感じでした。
d0023725_23174110.jpg

馬が活き活きしてました。
d0023725_23182452.jpg

d0023725_23204463.jpg

グリーン、ブルー果てしなくフラットでノリノリサイクリングです。
小さい田舎町の風景、どこに行っても教会があり、公園があり、ホッと休憩できるスペースがあるので世界中からサイクリストが集まるのが分かります。環境が最高なんです。
d0023725_23272690.jpg

つづく
by alohabike | 2014-02-07 23:35 | Trip | Comments(0)
2014年 01月 15日
ドイツ その6
ドイツに入って初めて駄目だしされたのが自転車の鍵!ドロボーがめっちゃ多いみたいで、みなさんゴッツイチェーンをつけてます。ドロボーが盗みたくない景色に同化するようなチャリ
d0023725_129811.jpg
d0023725_1294523.jpg
d0023725_1210189.jpg

アムステルダムに置いてけぼりされた肝心要の自転車が見つかったのは次の日の夕方、アンドリアス宅まで配達してくれることになり一安心、夜の9時ごろ受け取り問題なく組み上げられメッチャ嬉しかった。
d0023725_12174912.jpg

朝からポツダムの本当だったら泊まっていたキャンプ場をチェックしにアンドリアスと身軽にサイクリング~
d0023725_12213852.jpg
d0023725_12222015.jpg

d0023725_12263536.jpg

旧東ドイツ側にあるキャンプ場は、環境とってもグッドでした。川沿いに続くトレイル景色最高です。
キャンプサイトの名前も東ドイツで活躍した悪い政治家の名前を使っていたり、皮肉を楽しんでて歴史を繰り返さない配慮なのか平和を大切にするメッセージとも思いました。
二日間お世話になったアンドリアス宅から出発~トルコ的な出発の儀式をしてもらいました。旅の無事を祈り出発する旅人に水をかけるんですが気持ちが伝わってきてグッときました。ありがとうデニス、アレックス
d0023725_12425348.jpg

北へ向かってレッツゴー! 映画007シリーズでも東と西で人質交換をしてた橋が今ではサイクリング観光のメッカになってました。
d0023725_12461194.jpg

d0023725_125262.jpg

d0023725_1253961.jpg

つづく

ドイツトリップ前の記事
by alohabike | 2014-01-15 13:00 | Trip | Comments(0)