『ALOHA BIKE TRIP』
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
リンク
最新の記事
富士山グリーンシーズン2017
at 2017-06-17 21:23
アロハなグリーンライド!2017
at 2017-05-25 20:52
アロハな春から初夏!2017
at 2017-05-23 20:04
アロハな春ライド!
at 2017-05-10 19:46
アロハな冬から春〜その2
at 2017-04-19 10:00
カテゴリ
全体
MTB
Road
Cycling
People
News
Yoga
Food
Trip
etc.
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新のコメント
Kuniさん このコー..
by alohabike at 17:47
天気もよさそうで最高です..
by kunisige at 19:07
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2009年 09月 16日
八丈島、亜熱帯サイクリング2日目
d0023725_2251514.jpg
2日目はカフェでゆっくりしてからスタートです。石垣の奥に古民家を改装した素敵なお店があります。
d0023725_22511350.jpg
八丈島独特の丸石を積み上げた石垣に看板がよく似合います。
d0023725_22512623.jpg
中はとても開放的で落ち着く空間です。庭に植えられたフェニックスの眺めが不思議な感じです。
d0023725_22513493.jpg
いろいろなメニューからパッションジュースを選んでみました。
d0023725_2251403.jpg
八丈島ではパッションフルーツが多く栽培されています。7月8月が旬なのですがまだ収穫できるようです。種までぷちぷち食べられる果肉入りでとてもおいしい!
d0023725_2252983.jpg
三原山を一周して島の中央部に戻ってきました。島の中央には植物公園があって亜熱帯の島の植物の中をクルージングできます。
d0023725_22521552.jpg
ビジターセンターの温室では世界中の熱帯植物を見ることができます。
d0023725_22522281.jpg
さて今度は八丈富士の中腹を一周する鉢巻道路に来ました。絶景の連続、こんな美しい道です。
d0023725_22522935.jpg
一番古い島、八丈小島が鉢巻道路からとても美しく見えます。
d0023725_22523582.jpg
八丈富士の中腹には牧場があります。昔から島の生活には牛はなくてはならない必需品で酪農も発達してきました。島の乳製品は自給してきました。
d0023725_22524139.jpg
牛のえさとなるマグサがよく育ち自然のえさでのびのび育っています。
d0023725_22525135.jpg
搾りたて八丈牛乳、これもおいしい!
d0023725_22525726.jpg
八丈富士から海に向かって気持ちよくダウンヒル!
d0023725_225338.jpg
町まで下りて名物の明日葉入りのそばでランチです。まだ夏のような日差しで冷たいそばがとてもおいしい!
d0023725_22531065.jpg
たっぷり2日間ライディングして、最後はビーチでのんびりです。火山の黒いビーチに波が荒々しく押し寄せています。
八丈島1日目へ

八丈島をのんびり楽しむ2日間のサイクリング、とてもおすすめです。サイクリングが好き、島への旅が好き、温泉が好き、穴場なカフェが好きなあなた、八丈島は一度は行ってほしい場所です。11月21日(土)22日(日)の2日間、八丈島サイクリングツアーを開催します。詳細はもうすぐ発表、ぜひご参加お待ちしております。
by alohabike | 2009-09-16 22:53 | Cycling | Comments(0)
2009年 09月 15日
八丈島、亜熱帯サイクリング1日目
d0023725_21583820.jpg
ツアー詳細
■八丈島一周サイクリング 初級
日程:2009年11月21日(土)-22日(日)
集合:八丈島空港11月21日(土)10:00
解散:八丈島空港11月22日(日)16:00
参加費用:24,800円(ガイド費用、サポートカー、1泊2食付き)
含まれないもの:現地までの交通費、温泉料金500円、その他食事
宿泊:バンガロー・クー (男女別バンガローシェア)
レンタルバイク:2日間4000円(ヘルメット・グローブセット)
現地までのおすすめ交通手段:ANA羽田-八丈島線に合わせてツアーを設定しています。
(集合11/21)
ANA 821 07:45羽田-08:35八丈島
東海汽船 前日東京22:20-八丈島9:25
(解散11/22)
ANA 830 17:10八丈島-18:00羽田
東海汽船 翌日八丈島10:00-東京20:30
詳細はホームページにてご確認ください。
ANA 東海汽船

<<11月21日(土)>>
◎ハイライト
1日目は八丈富士の周りを一周、比較的平坦なルートでスタート。美しい八丈富士と青い海を眺めながら気持ちよくライディングできます。八丈島の景色がすばらしい登龍峠からダウンヒルを楽しんでおすすめの温泉、みはらしの湯でゴール!走行距離30km
◎スケジュール
8:35 ANA821八丈島到着
9:25 東海汽船大型客船八丈島到着
10:00 ミーティング&サイクリングスタート
17:00 ライディング終了 温泉へ
19:00 バンガロー・クーチェックイン、ディナー
八丈島のおすすめ温泉、みはらしの湯からすぐの海を見下ろす絶好のロケーションにあるバンガローを貸切宿泊です。地元の素材を使ったディナーの後は星空の下で語り合いましょう。
(夕食つき)

<<11月22日(日)>>
◎ハイライト
2日目はサイクリングスタート後、黄八丈の染め織り元めゆ工房を訪問します。八丈島一周を完走して今度は八丈富士へ。牧場でおいしい八丈牛乳を飲んでからダウンヒルを楽しみます。走行距離30km
8:00 朝食 
9:00 ライディングスタート
10:00 黄八丈めゆ工房訪問
14:00 八丈富士ライドスタート 
16:00 八丈島空港ゴール、解散
(朝食付き)

現地ガイドは八丈島でエコツアーを主宰するProject WAVE。自然について、文化・歴史について地元のガイドから情報を得ることができます。

ご予約・お問い合わせはこちらから→予約する
(イベント名にロード→八丈島サイクリングを選択してください)

ツアーのハイライトをご覧ください。
d0023725_21581934.jpg
日本の島の数が6852もあるって知ってました?海岸線の長さが100m以上の定義なので本当に小さなものも含まれていますが有人島でも430ほどもあるんです。世界的にはオーストラリア大陸より小さいものはすべて島という定義らしいですが、僕としては自転車で頑張れば1日で一周できるものが島という感覚です。その中の一つ、八丈島をライディングしてきました!
d0023725_21582528.jpg
八丈島までは羽田からなんと45分で1日3便もあってとても便利。
d0023725_21583285.jpg
あっという間に到着すると亜熱帯の花が迎えてくれます。
d0023725_21583820.jpg
2つの火山でできたひょうたんの形をしたかわいらしい島です。新しいほうの火山が八丈富士。天気がよくて山頂まではっきり見えます。ライディングは八丈富士を一周するルートでスタート。
d0023725_21584511.jpg
噴火時の溶岩が海岸に流れ込んでビーチは黒い岩で覆われています。
d0023725_2158526.jpg
海、空、花と原色の世界なんですが中でも輝いていたのがこのコガネムシ。
d0023725_21585979.jpg
海岸線を気持ちよく走っていきます。
d0023725_2159686.jpg
八丈富士を一周したところでちょっと一休み。町の商店でおやつタイムです。店の前にはこんな郵便ポストが現役で活躍しています。
d0023725_2223530.jpg
古いほうの火山、三原山はアップダウンの連続で走り応えがあります。一番の見どころは登龍峠(のぼりゅうとうげ)。八丈富士と海の展望が素晴らしいです。
d0023725_21592073.jpg
この景色はがんばって登る価値があります。ここからは長いダウンヒルの始まり。
d0023725_21592843.jpg
東京の2倍の降水量、日本でも屋久島、尾鷲、阿蘇山に次ぐ4番目に雨の多い時八丈島。滝の水を浴びて緑がとても色濃く輝いています。
d0023725_21593510.jpg
滝の流れ落ちる音を聞きながら入る露天風呂で峠ライドの疲れを癒します。島の水と緑に包まれて極上の時間です。
d0023725_11133078.jpg
一日ライディングして夜はゆっくりすごすのが贅沢な時間です。バンガロー宿泊でちょっと八丈島の別荘に来た気分です。
d0023725_21594427.jpg
八丈島のお寿司はちょっと変わっています。醤油に漬け込んだメダイに甘い味付けのシャリ、ワサビの代わりにからしを使っています。これがとてもおいしいんです!
d0023725_2201737.jpg
温暖な気候で年中野菜が育ちます。宿の家庭菜園で育った新鮮な野菜がうれしいです。温泉とおいしい料理で明日の八丈島ライディングも楽しみになってきました。
d0023725_1114855.jpg
星空を見ながら八丈島の夜がふけていきます。
八丈島2日目へ
by alohabike | 2009-09-15 21:56 | Cycling | Comments(0)
2009年 09月 14日
秋の風がさわやかMTB
d0023725_13371287.jpg

d0023725_13371252.jpg

by alohabike | 2009-09-14 13:37 | News | Comments(0)
2009年 09月 11日
イギリスから伊豆へ
d0023725_13401154.jpg

イギリスからの5人とオーストラリアからのカップルが伊豆のサイクリングを楽しみました。
by alohabike | 2009-09-11 13:40 | News | Comments(0)
2009年 09月 05日
フルムーンライドwithキャットアイ
d0023725_2055396.jpg
今日は満月の土曜日、何かが起こる週末です。夕暮れの空の下に満月ライダーが集まりました。
d0023725_20554788.jpg
夜のライディングを演出してくれるのはキャットアイ のライトたち。ハンドルバーにはシングルショットプラスの愛称で知られるHL-EL610RC (参考価格17,500円)を装着。幅広く全体を照らす強力なライトでトレイルでも安心です。充電池が内蔵されていて充電もコード1本でとても簡単。アタッチメントも指でまわすダイヤル式でどんな径のハンドルバーにも装着できます。フルパワーで使用しても3時間明るさが持続します。
d0023725_2055531.jpg
もうひとつトレイルのないとライドで欠かせないのがヘッドライト。コーナーで行き先をを照らすのはこの方法しかありません。使用ライトはUNOウノの愛称で知られるHL-EL010(参考価格3,480円) 。単3乾電池1個で15時間という長時間明るさを保ちます。おすすめの使い方は登りセクションや安全な舗装道などそれほど明るさを必要としないときはUNOのみ点灯、下りやスピードが出るときにはシングルショットとUNOを同時点灯です。
d0023725_20555961.jpg
さあ、月が昇ってきました。山の稜線がほんのりとオレンジ色になってきてそして月の光が差し込みました。
d0023725_2056662.jpg
どんどん昇っていきます。
d0023725_20561284.jpg
稜線から離れる瞬間です。
d0023725_20561813.jpg
すっかり夜空に浮かんだ満月。
d0023725_20562472.jpg
いよいよトレイルに入っていきます。ライトで照らされるとトレイルはまるで昼間のような明るさ。
d0023725_20563079.jpg
そしてマジックな瞬間が訪れました。霧が立ち込めた山頂付近で満月の光が森の木漏れ日となっています。月光が霧の中で幾束もの光の筋となって僕らを照らしました。とても美しいです。
d0023725_20563698.jpg
満月のもうひとつの楽しみ方は月光に照らされた雲を見ること。昼間はまぶしくてじっくり見ていられない雲もやさしい月の明かりの下ではいつまでも眺めていられます。
d0023725_20564396.jpg
こんなステキな夜の遊び方、ナイトライドを真剣に考えるキャットアイがあればこそ楽しめます。次の満月は10月4日の日曜日です。今からライトをそろえて備えておきましょう!
by alohabike | 2009-09-05 20:54 | MTB | Comments(0)